background-color : #fff;
小見雲のネギま!応援団っ。
ザッツマイペース 何もかもどうぞお気になさらずに。中途半端にリンク調整中。
03 | 2006/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋が同じという事は?:その1・図書館編(ほにゃらば!さんに便乗してみる)
はい。ちゃっかり元気な小見雲です。
気が付けばこのプチ考察、ほぼレギュラーでパルを扱っていることが判明。
そして今回もそうなのだった。

部屋が同じという事は?:その1・図書館編(ほにゃらば!さんに便乗してみる)
その1:図書館組編
前回、のどかとゆえがこのかの事を「このかさん」と呼んでいる理由は何か?と無責任に投げかけたところほにゃらば!の八丁さんからコメントをいただきました。

このか以外の三人が同じ部屋と仮定してみるのはいかがでしょうか?
同じ部屋ならさん付けしない仲になれ、逆にこのかは違う部屋なのでさん付けのまま、とか。
つまり、このかが特別なのではなく、のどか・パル・ゆえの仲が特別良いのではないでしょうか?


とのこと。

なるほど、確かに同じ部活のメンバーであれどさすがに寝食を共にする仲間のほうが仲が良いのは自然なこと。
この問題はここで解決、という運びになったその時
そもそも図書館組の部屋割りってどうなってるのさ?とふと思ったわけです。
そこである場面が引っかかり、そこから図書館組の部屋割り予想考察をするつもりでした。
しかし念のため調べてみると、実際は私の予想とは違っていました。

ほにゃらば!さん:桜子のルームメイトは?より
(ここでもほにゃらば!さんにお世話に。今回の記事は八丁さんリスペクトの勢いで。)
その記事によると、パルとのどかが同室であることは確定で、おそらくゆえも同じだろう。
という事に。

しかし私の予想はゆえとのどかが同じで、パルは別部屋だろうというものでした。

なぜそのように思ったかと言うと。

026.jpg

単身地底図書館に乗り込むネギを待ち伏せるゆえとのどかのコマ。
図書館組が全員同じ部屋という事は、パルにバレずに抜け出せたということになります。
それは至難の業だろうという所からパルは別部屋という結論に至ったわけです。
しかし実際は図書館組が同じだという。

なのでゆえとのどかの二人がパルを出し抜くために必要な動作をまとめてみました。

・このかからの連絡を受ける
・起きる
・のどかを起こす
・制服に着替える
・髪を通常通りセットする
・探検用のポーチの準備をして、持っていく

これだけの動きをしていれば、パルでなくとも気が付きそうなものです。
さらに一項目ずつ動作に関わる条件を足していきます。

・このかからの連絡を受ける
最低でもバイブを鳴らさなくてはなりません。

・起きる
起き抜け、という描写から寝ていることが判明しているので、寝た状態から起きなくてはいけません。

・のどかを起こす
ゆえの言葉からして、連絡を受けたのはゆえ本人です。なのでのどかを起こす必要があります。

・制服に着替える
制服に寝じわがないことから、制服で寝たわけではないようです。(というか寝じわまで描かれていたら用意周到すぎる)

・髪を通常通りセットする
起き抜けでありながらも、通常時の触角以上の寝癖はありません。寝癖程度なら描いてもよさそうですが、そうではありません。これは起き抜けでありながらもきちんと髪をセットする二人のネギに対する乙女心が描かれているのだと思いますが、結果的に動作の条件が増えてしまいました。

・探検用のポーチの準備をして、持っていく
これは部活と共通の道具である可能性が高いので事前に準備していてもおかしくはありません。そもそもすでに道具は整っている可能性があります。

そもそもゆえとのどかはどれくらいの時間で準備をすませたのでしょうか(逆に、ネギを待ち伏せるためには何分の猶予があったのか?)。
このかが連絡を入れてからネギが準備を終えるまで、5分と仮定します。
本当はもっと短そうなもんですが、そうするとあらゆる可能性が狭まってしまい、結局「マンガだから一瞬で準備できる」という夢があるんだかないんだかわからない結論になってしまいますやん。なので5分ください。お願いします。

次に、時間短縮のためいろいろな作戦を織り込んでみます。

・パルが寝たのを確認してから、一人ずつこっそりトイレに行き、制服に着替えて布団をかぶらず寝る。(寝じわ防止)

・反応をよくするために携帯をポケットにしのばせ、構えつつ連絡を待つ。

・鳴ったらすばやく反応し、なおかつ静かにのどかを起こす。

・各自、髪をダッシュでなおかつしっかりとセットする。

どうでしょうか。5分切れそうじゃない?
二人の起きれる速度によるけど。

しかしこれだけの作戦を実行しようとすると、パルに見つかってはいけないという相当のプレッシャーや緊張のオーラが出ると思います。
ましてや相手はパルです。見つかった時点で、事前につじつまの合う言い訳を述べたとしてもその反応から探られてしまうでしょう。
これだけの作戦があの一場面の裏側に、、、
何だか、そろそろ苦しくなってきたので奥の手を使いたいと思います。









結論:パルは相当寝起きが悪い
スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

マジで雑記ですから
はい。めがっさ元気な小見雲です。
今日は何するでもなく逆紹介もなくただ単に雑記です。
そりゃそうか、記事書いてないもんな。

・小見雲について
唐突ですが、サイト名にも含まれている私のハンドルネームの読み方は「おみうん」です。
サイト名に含んだはいいが、果たしてこれ正しく読めてる人はどれくらいいるんかな?とふと思ったわけです。それだけなんで。

・早くも振り返る
おかげさまで、このブログも7000ヒットを超える事が出来ました。
これも一重に私の記事をワンクリックする労力を惜しまず来てくれたのべ7000人の方、その架け橋となってくれた数々のニュースサイトさん、私の意見を言葉にしてくれたキーボード、私の意見を届けてくれたLANケーブル、エトセトラetc。

とはいうものの、どうにも実感がわかない。
予想を大きく上回る展開に頭がついていけてないのかもしれないし、
逆に言うとまだまだウチなんかより集客力のある偉大なサイトさんもたくさんいて、そちらと比べるとまだまだウチなんてペコポコなわけですし。

ああ、それとアクセス解析を見てるとだんだんブックマークからの訪問が増えてきています。
ニュースサイトを経由しなくとも、ウチのブログへ直接来てくれるということは大変ありがたいことです。
しかし、私の見ているアクセス解析では
「不詳(ブックマーク等)」
と称されています。

なんだろう、この微妙なモヤモヤ違和感!
ブックマークの他に訪問経路を挙げないんだったらブックマークって言い切ってくれてもいいじゃないか!
とりあえず、ブックマークからの訪問であると信じてみています。

そんなこんなの途中経過でした。
雑記4.27:感想について
はい。何はともあれ元気な小見雲です。
まずは記事逆紹介から。みなさんありがとうございますっ。五十音順でいきます。
涼宮ハルヒと早乙女ハルナの共通点を挙げてみる

カトゆー家断絶さん
紹介していただいてからというもの、アクセス数がめっさ増えました。
ハルヒの超人パワーはウチのアクセスカウンタまで爆走させられるらしいです。
もう本当にみんなハルヒ大好きですねw 俺もだけど。
この来てくれた人のうちどれくらいパルの事知ってるんだろ?w
俺がハルヒがマイブームの人だとしたら、パルは知らなかったとしても共通点のあるキャラという事で目を通してるかなと思います。
そうするともっと親切な説明が必要だったかも?
でも今さらパルというのは早乙女ハルナのあだ名で、騒がしい同人趣味のメガネっ娘でして、、とか言うのもおかしな話ですよなぁ。
方向性の迷走ですな。

デコポンのなる木さん
とりのはばたきと共にさん
ポにゃぺぺ堂さん

ちなみに「涼宮ハルナ」で検索してきた人が3人いた。

図書館雑記+図書館組の呼称事情
ネギのスさん
ネギま部屋(楊さんのページ別館)さん
ろーふりっぱさん


134時間目感想
ネギのスさん
hakuro.infoさん

リンク追加しました。よろしくどうぞ。
ネギま!普及推進委員会さん

トラックバック
欲望のままに生きた痕さん


・ 感想について
ごーるど銀賞さん:昨今のネギまブログの増加について
最近はネギまブログが増えているが、感想がどれも似たり寄ったりで読む側としては何とも不気味。とのこと。(意思を読み違えていたら、申し訳ない)

ウチは本当に出来たての部類に入るほどの新人最先端ブログです。
そしてその傾向に少なからず倣って感想も取り扱っています。
出来れば私だって同じ事は書きたくない、例え同じ事を思って同じ所に気が付いている人がいたとしても。

私の感想を書くスタンスは、マガジンを読んで思った事、気付いた所を画像と共に並べていくというものです。至ってスタンダードではあると思います。
ただ、感想が書きあがるまで他の人の感想は見ない事にしています。
影響を受けやすいたちで、知ってか知らずか着眼点がつられてしまう事があるので。

今回の134時間目感想も同じスタンスで行い、書き上げてみてからあちこちのブログさんを見てビックリ。
ど真ん中で直球と言わんばかりのかぶり方。2,3箇所見ただけでウチの感想を完全に補えるほどの普遍性に溢れた記事を書いてしまっていたのです。
皆が同じものを扱って、感想を書くと言う事はその人の文章力がそのまま差になる、というのは誤解を招く言い方になるかも知れませんがここで言いたい事は私より文章力のある方はいくらでもいるという事ですね。

内容がかぶってしまっては勝ち目(要するに見所)がないと言う事になってしまいます。
実際感想をあちこち回って見る人が多く、その中に少しでも、ウチのブログを巡回コースに入れてくれている方がいるかも知れません。
多くのブログを見た結果、全体的にこういう意見が多いなどの感覚的な感想を持つ人もおられるでしょう。その中にウチの感想も大多数の意見に一票を投じる形で入っている事もあると思います。
でもそれじゃあ意味ないんですよ。同じ事書いても。
あくまで感想なわけですから、思った事気付いた事をそのまま書いてもいい、という考え方もあります。
実際これからそういうスタンスになる可能性だってあります。

ようは、今後の感想の方針に迷っているというわけで。
羅列すると、
・現状維持(かぶりはご愛嬌)
・先に巡回してかぶりを極力避ける
・自由気ままに思った通り、感覚的な感想を書く
・書かない
思いつくのはこのあたりです。

これから感想をがんばって書いても、どうやっても多少のかぶりは出てくるでしょう。
それがわかっていながらかぶる記事を書いてしまう、、なるほど、自分の意思で自由にやりながらも結局は同じ事を言っている。これは確かにかなり不気味ですね。

とりあえず方針は現在のスタイルを引きずりながら試行錯誤していく感じになると思います。

134時間目感想
この感想は方向性などもろもろを模索しながら書いております。それについてはまだ後々。

今回のネギまは私の予想とは外れた展開でした。
連載がジャンプだったら、デスノートの「くそっ、やられた!」のコマでも引っ張ってくる勢い。

クラスでパーティをやるという事から、さよならパーティをする事は予想できた。
しかし刹那と楓の動物コスにはただツッコミを入れただけで、パーティ用の仮装ということには気付かず。
時間軸の予定まで挙げつつも、超とネギが対面する以上は対立関係や超の目的などに何かしらハッキリしてからパーティをするであろうと思い込んでしまったため、刹那と楓が超をパーティ会場まで連れてくるという発想も出て来なかった。

ここまでヒントがあるなら、もう一押しで推理できる可能性だってあるだろうに。
全くもって歯がゆい限りです。見事に踊らされたようだw

バトル編は刹那のアーティファクトが炸裂するなど、迫力の戦闘シーンが盛りだくさん。
感想:刹那つえー。超すげー。
考察: これから3-A全体での総力戦があったら見応えあるだろうなー。
(深追い禁止区域)

・さよならパーティ開催にあたって
とりあえず3-Aの多数生徒が一同に会したということで、細かく挙動をチェック。

あなたはいくつ気付いたかな?

3-A.jpg


↓こたえ









・エヴァがいない
・アスナがいない
・このかがいない
・ハカセがいない
・さよはちゃんといる
・くーふぇの包帯がとれている
・亜子の衣装がノースリーブに戻っている
・またバンドの楽器担当が変わっている

ちなみに私は8個中6個でした。
たぶん、まだ見落としはあると思います。

・エヴァがいない
もしやアスナと一緒にいる? というか誘っても来ないんじゃないか。

・アスナがいない
「誰にも会いたくない」と言ってエヴァの別荘にいるらしいし、ここは気付く人も多いと思うので。

・このかがいない
そういえばアスナの所に行っているんだった。教えてくれた知人サンクス。

・ハカセがいない
これは妙。人集めは双子の役割なので、ハカセを誘わない理由はないしハカセも断る理由がない(双子は超の企み自体知らないし)。連絡の取れない状態で、どこかで何か作戦をしているのではないか。

・さよはちゃんといる

asakura08.jpg

ちゃんと朝倉の肩にいます。
何気なく、それでいて心霊写真が紛れ込む個性ってすごいなぁ(笑)

・くーふぇの包帯がとれている

ku05.jpg

骨折しているフリをしていたくーふぇですが、さよならパーティとあっては関係ないようです。些細なことだけど、急にギブス外したらいいんちょとかどう思うんだろうね。

・亜子の衣装がノースリーブに戻っている

ako02.jpg

これも知人サンクス。ナギもいない事から傷を隠す必要がないため、着替えた模様。

・またバンドの楽器担当が変わっている
でこぴんロケットの楽器担当が14巻での亜子の夢と同じ編成になっています。
どうやら亜子の見た夢は亜子の深層心理が表されたもので、美砂より桜子のほうがボーカルに向いてるんじゃないかとかそういうややこしい事は関係ないらしい(笑)
それにしても中3の普通の女子にしては楽器に長けすぎwしかも元々あった設定でもないし、一般的な女子とは思えないw


*あとは主観によるもの

・くーふぇの複雑な表情萌え

ku05.jpg

いつもの元気なくーふぇとは違ったどこか物憂げでいて、それを隠そうと気丈にしているような健気な表情が絶妙です。

025.jpg

超の周りにワラワラと集まるシーンも一番にかけよらない物憂げな姿勢もグッとくるものがあります。

・あと素の美空ひさびさですね。
これでナゾのシスター姿で参加してたら面白いんですが。


それにしても久々の3-A大集合、この個性の集まりが一番のネギまの魅力だと私は思っています。
一回でいいから、何もない平和な3-Aの休み時間の10分間だけを描いた話が出てこないだろうか。
今までのどの話よりも張り切って記事が書けると思いますけどw

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

雑記+図書館組の呼称事情
はい。じゃんじゃんばりばり元気な小見雲です。

・リンク追加
アグモロブログ
ネギま!とか漫画とかゲームとか。
ネギま部屋(楊さんのページ別館)
以上3サイトさんをリンクに追加させていただきました。
よろしくお願いします。

涼宮ハルヒと早乙女ハルナの共通点を挙げてみる」記事逆紹介:例によって五十音順
多くのサイトさんに紹介していただくことが出来ました。ありがとうございます。
さすがにハルヒの話題性は今強いなぁ、、

何というか、あまり投げかけるタイプの記事ではないですが。
似て非なるものと言うか、違うキャラにこれだけ共通点があるのも珍しいですよね。
アグモロブログさん
いけやんのお部屋なの~♪(^▽^)さん
ANGEL HEARTさん
じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~さん
ネギま!とか漫画とかゲームとか。さん
ネギま部屋(楊さんのページ別館)さん
マンガ☆ライフさん

やくろあんてなさん
>私信
わ、こんなに早く気付かれてしまうとは・・・
ええと、何と言うんですかね、その、まだそんな私みたいな未熟者にそんな、、
よろしくお願いします。

さらにもうひとつ紹介していただいたサイトが。
 사쿠라 Complete !

ちょっと、ちょっとちょっとw

URLから探ってみたら、確かにウチの記事のよう。
まさかこんなグローバルな展開になるとは思いもよらず、、^^;


図書館組の呼称事情
14巻収録となった、図書館組編をマガジンで見ていた時の事です。
次のようなコマがありました。

konoka01.jpg

「のどか」「このか」と互いにファーストネームで呼び合っています。
引っ込み思案なのどかがファーストネームで呼ぶのはパルとゆえくらいで、図書館組の扉絵でたびたび省かれるこのかとはいえさすがに図書館組の仲間なのだなぁと感心したものです。

ところが、14巻コミックスでは上のコマが、

konoka02.jpg

「このか」が「このかさん」に修正されていました。うーん残念。

のどか、パル、ゆえの3人の間ではどれもファーストネームあるいはあだ名で呼び合っています。
ところが14巻での回想を見る限り、4人同時に結成されて以来3年目の仲になろうというのにも関わらずのどかとゆえはこのかに対し「このかさん」とさん付けで呼んでいます。
このか、不憫やなぁ。

この記事はその事実だけを提示して噛み締めるのが目的ですが、多少なりとも考察という呈をなすために蛇足程度の予想をいくつか述べてみようかと思います。

・のどかとゆえが「このかは学園長の孫」という事実から敬意を表している。
(この二人がそんな打算的な行動を取る可能性は低いが。つーかやだなそれ)
・描かれてはいないが、のどかとゆえがこのかに何らかの恩義を持っている。
・このかの図書館探検部の活動日数が一年に比べて急に減っていた。
・このかと、のどか&ゆえの間では常にパルを介して接するようになっていてのどか&ゆえにとってこのかとはパル&のどか&ゆえほど仲が良いわけではない。

・・・なんだか物憂げな予想が多いな、、
もっと円満な予想を出来る方を募集しています。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

涼宮ハルヒと早乙女ハルナの共通点を挙げてみる
ちょっとネタバレにかすりそうな気もするので、ハルヒのアニメ派の人は見ないほうがいいのかも。
24ばりに先の読めない展開なのがハルヒの魅力でもあるからね。




















涼宮ハルヒと早乙女ハルナの共通点

①その作品以外では存在しない珍しい部活(団体)に所属している。活動内容は調査や読書など。

②その団体のメンバーを集めた(まとめた)きっかけとなる中心人物である。

③超人的な宣伝能力を持つ。
パル=噂話 ハルヒ=自分の知名度

④行動力があり好奇心旺盛。

⑤非科学的な現実を本人にだけ内緒にされる。
パル=魔法 ハルヒ=自分の能力と仲間の正体

⑥あわあわ、おどおどした感じの娘と冷静な読書娘が仲間にいる。

⑦それぞれその共通点を持つ同士の仲間も含め、名前と苗字の文字数、漢字カタカナひらがなの配置が同じ。
早乙女 ハルナ  さおとめ はるな
涼宮  ハルヒ  すずみや はるひ

宮崎  のどか  みやざき のどか
朝比奈 みくる  あさひな みくる

綾瀬  夕映   あやせ  ゆえ
長門  有希   ながと  ゆき


結論:だから何だと言わないでほしい。



⑧柿崎には鶴屋さんをやってもらおう。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

トラバ企画魔法先生ネギま!容姿別人気投票!に投票!とか!
はい。ゆらりと元気な小見雲です。

じゃすてぃすのハピ☆マテだいありーさん発案によるトラバ企画魔法先生ネギま!容姿別人気投票!は下のほうに書いてあります。

血液型シリーズ第2弾、「ネギまにおける血液型別観察報告:B型編」書きましたんでよかったらどーぞ。

・3連敗
先日書いた133時間目感想&分析考察
ですが、その中の一文を抜粋。

010.jpg

そこへネコ耳刹那(+カモ君)とタヌキコスの楓が加勢に現れます。



これ狐だった

いやーあちこちのブログの感想でキツネキツネって言うもんだから、みなさんてっきり耳だけでネコとキツネの区別がつくんだなぁってマガジン読み直したら明らかにしっぽがキツネでしたね。
●(黒星1個目)


それから戒めの風矢について、「戒めの風矢は捕縛効力が低い」といった考察をしてみましたが、コメントにて。

Crescentさんより:
エヴァンジェリンと茶々丸に使ったのは正確には捕縛結界です。またこれが破られたのはエヴァンジェリンの力ではなく「ハイテク」です。
フェイトにはちゃんと効きました。時間が短かったのは最初から短時間止めるための魔法だからだと思われます。長時間動きを封じたい場合には捕縛結界を使うのでしょう。


全部違ってた。
●●(黒星2個目)

アグモロブログさん:ハルナの利き手について考えてみた
●●●(黒星3個目)

ま、負けた、、完膚なきまでに
証拠の数も半端ない。愛情勝ちってやつですね。


リンク追加しました。
ほにゃらば!さん
リンクしていただけたので、こちらからもリンクを張らせていただきます。よろしくお願いしますね。


・「ネギまにおける血液型別観察報告:B型編
」記事逆紹介
あのVerba volant, Scripta manent.さんに紹介だけでなく非常にありがたいお褒めの言葉を頂く事が出来ました。
当記事には「血液型の安易なイメージを払拭する」という目的もあったので、このように評価していただけることは嬉しい限りです。

ネギま!とか漫画とかゲームとか。さん
あと、最後の「アスナは一体何を自覚していないのか」はかなり興味が…ぜひ記事にしてください!^^
先に取り上げておきたい記事もあるのでいろいろ構想していますが、出す順番には迷うものです。

やくろあんてな
さん
これは高音もB型っぽいな。
可能性は高いのではと思います。血液型不明キャラの予想もやりたいなぁ、、

じゃすてぃすのハピ☆マテだいありー
個人的には葉加瀬はA型、ザジはAB型のイメージがあったのですがね(^^;
出てこないと、なかなか判断材料が少ないものなんですよね。
他の血液型の要素を含めたキャラもけっこういると思います。


そのじゃすてぃすのハピ☆マテだいありーさんで行われているトラバ企画魔法先生ネギま!容姿別人気投票!に参加しようと思います。

これてっきり、容姿別っていうのを完全に見た目オンリーで判断だと勘違いしてランキングを作ってしまいました。

かっこいいとかかわいいという表現の部門を「容姿別」っていう言い方をしているんですよね。
そう思いランキングを作り直してみましたが、ほとんど変わりませんでした。うん、プラマイゼロ。

かわいい部門
1位:椎名桜子
かわいいだけ良いではないか。せめてそのかわいさだけでも一人歩きしてくれ。
2位:エヴァ
ここが見た目だけで入れてしまいました。だって金髪の幼女少女だよ。
3位:宮崎のどか
正統派にかわいすぎて逆にぼやけて見えるくらいなタイプの娘ですよね。

きれい部門
1位:桜咲刹那
いくら剣を振り回していようとも、せっちゃんはかっこいいというよりきれいだと思う。
2位:柿崎美砂
エロい部門はないんですか?
3位:いいんちょ
後ろに花咲いてますし。

かっこいい
1位:長谷川千雨
裏表紙の雰囲気を見て、この娘カッコイイなーと思ってました。
2位:早乙女ハルナ
図書館探検の衣装がなかなか決まってました。
3位:長瀬楓
ほかにそれっぽいキャラがおりませんでした。

くぎみーは、、かわいいとかきれいとかかっこいいとかじゃなくて、好きなんです
(管理人小見雲、くぎみー推し。最重要事項。スクラン風。)
容姿はいたって普通だと思います。


ネギまにおける血液型別観察報告:B型編
はい。そこはかとなく元気な小見雲です。
ネギまにおける血液型別観察報告」、第2弾と参りたいと思います。

血液型で判断されんのはもうお腹いっぱいだ、というほろ苦いトラウマを抱えている方はまずこちらのまえがきをご覧あれ。
見てない人は、そうでなくともひとまずご覧あれ。→まえがき

ちなみにこれが前回の記事です。
ネギまにおける血液型別観察報告:O型編


第2回「B型特集」
・B型について
B型のイメージといえばどんなものでしょうか。一般的には明るい、身も蓋もない言い方をすれば自己中、マンガのキャラで言えば型破りな主人公などに見られる個性的なタイプあたりでしょうか。

B型のキャラを一覧にしてみました。

i_asuna.gif i_paru.gif i_sakurako.gif
  神楽坂 明日菜    早乙女 ハルナ      椎名 桜子

i_hakase.gif i_tisame.gif i_zazie.gif    
   葉加瀬 聡美     長谷川 千雨     ザジ・レニーデイ

画像:天下の見習い雑兵さんによる雑兵の修行場から引用

どうでしょう。確かにこのメンバーで球技なんぞしたらチームワーク悪そうです。
しかし、パッと見の印象で損をしがちなのがB型。その共通点、特性を紐解いていこうと思います。

共通点その1:趣味にストイックにマニアック
かなりそれぞれの個性の方向性がバラバラなため、全員をくくれる共通点ではありませんがひとまず解説します。
B型のキャラには趣味に深くのめり込む傾向があります。

パル:同人
pal04.jpg


ザジ:ピエロ(曲芸部)

zazi01.jpg


ちう:ネットアイドル

tiu07.jpg


ハカセ:研究

hakase03.jpg
ハカセの研究ってそもそも趣味にとどまっているのだろうか。


そのキャラにとってその趣味はアイデンティティになっていると言ってもいい程の傾倒っぷりです。
特にザジとハカセなんかは、その趣味を取り上げたらキャラとして存在できなくなるのではないかというくらい趣味とキャラクターとが密接に結びついたキャラなわけです。

zazi03.jpg
ザジが普段の生活にも関わらずピエロメイクをしているあたりも、サーカスに対する情熱を感じます。

裏付けその1:B型はメガネっ娘が豊富

i_paru.gif i_hakase.gif i_tisame.gif

3-Aの生徒の中でメガネをかけているのはパル、ハカセ、ちうの3人と全員B型です。(ちうは伊達メガネだが、含んでも含まなくても結論に変わりはない)
パル=同人、読書
ハカセ=研究
という、のめり込むほど視力を犠牲にしそうな趣味です。趣味に熱中するあまり目が悪くなった、という流れは想像に難くないと思います。

余談1:そう考えるとちうの視力はすごいな、、パソコンなんて視力減退の理由の筆頭じゃないか。これが若さか、、

余談2:他の図書館組もよく目が悪くならんな、、のどかあたりはコンタクトなのかも。あんな長い前髪で本ばっか読んでのにも関わらず視力を維持してるのだとしたら、すげぇ。

共通点その2:会話が自由、言葉も自由
B型にとって言葉とは自由に自分の意見を主張、表現できる重要な手段なのです。
表現するかしないか、それすら自由なのです。

共通点として、大きく分けると
・言い回し、表現などが独特
・口数が極端
の2点です。

言い回し、表現などが独特

tia01.jpg

「ほにゃらば」は桜子の独特な言い回しを代表する名言です。

sakurako01.jpg

学園祭の企画でこの発想が出てくるのを独特と言わずに何と言おうか。(企画自体よりタイトルのつけ方、かな?)

pal07.jpg

「ラブ臭」は恋愛感情のオーラを匂いに例えたパルの表現力を垣間見ることの出来る一言です。

tiu09.jpg

tiu05.jpg

ネットアイドルとしてでの発言(書き込み)ですが、そこらのネットアイドルでもここまで独特な言い回しはしないだろう、ということで。

hakase04.jpg

上のものと比べると多少地味ではありますが、ハカセの喋り方は語尾を伸ばしたりとよく見るとかわいらしい特徴のある喋り方の持ち主です。(どのくらいの人がハカセをよく見ているのだろう。)

口数が極端
さらには、B型は喋る言葉の数すら独特です。

・おしゃべり
023.jpg

020.jpg

パルは3―Aにおいて異常なほどのおしゃべりとして認知されています。

hakase05.jpg

そしてネギまにおいて、連続で喋った文字数ランキング1位に輝くのは間違いなくこの娘でしょう。

・寡黙
021.jpg

千雨は通常時、必要以上には喋りません。周りの生徒もそう認識しています。

zazi02.jpg

極めつけはザジ。文字数ゼロで会話をするという独特極まりない会話方法です。
つーか普通に通じてるいいんちょもすごいな。

B型キャラはかなり会話において特徴がある、ということがわかりました。

共通点その2:観察力、洞察力に優れている

pal07.jpg

pal06.jpg

pal08.jpg

代表的なのがさっきも挙げた「ラブ臭」でおなじみのパルでしょう。

022.jpg

恋愛感情に対する嗅覚や洞察力はカモ君も認めるほどです。

asuna07.jpg
バニー姿の「ちう」に対し、「その子もしかして、、」

asuna09.jpg

asuna06.jpg

あまり大きく描かれていませんが、アスナは自覚してか知らずか、よく観察していて勘の鋭い所があります。

tiu01.jpg

そして千雨です。格闘大会ではネギにアグレッシブながらも核心をわずかに避けた問い詰め方で自力で魔法について気づきました。

上の3人に共通しているのは、会話などによる相手の反応から敏感に察知する力に優れているという事です。


共通点その3:面倒見がいい
B型の中でもっとも大きな共通点なのが、面倒見がよく人に優しいということです。
手伝ってあげたり助言したりと、好意的でもありおせっかいな所があります。
例を挙げると

asuna08.jpg

asuna04.jpg

024.jpg

代表的なのがアスナです。ネギに対する世話が多いですが、風呂に入れたりパートナーとして協力したり、面倒見のいい事この上ありません。
またいいんちょに対する優しさも見せています。

tiu06.jpg

tiu02.jpg

tiu08.jpg

そして、意外と面倒見のいい事が発覚した千雨です。ネギを初めとする先生や生徒と絡むようになってからというもの、片っ端からフォローや助言、心配をする勢いで手助けしています。

pal05.jpg

パルはかなり序盤のほうからのどかを応援していて、奥手なのどかがネギにアプローチできるようにあの手この手で後押ししています。

pal09.jpg

夕映がネギを好きだと知った時も、夕映の意見を尊重しつつものどかと同じくネギにアプローチ出来るように応援するスタンスを取ろうとしています。
パルは一見騒がしくトラブルメーカーのように見えますが、その実友達を思いやる心の優しい娘である、ということです。

zazi02.jpg

そしてザジもクラスメイトに対する唯一のアクションは仕事を代わるという人情味のある行動でした。

hakase06.jpg

ハカセもただのマッドサイエンティストというだけではなく、茶々丸のクラスメイト編においては最後にきちんと茶々丸に対して優しさを見せています。

019.jpg

この一見各自やりたい放題のコマですが、よく見るとそれぞれの性格がよく出ているように見えます。(ちょっとした特集組みたいくらいだ)
この時の桜子は、ネギの肩を揉んでいたわるという行動に出ている唯一の生徒です。

補足その1:B型がツンデレになる理由とは?
B型にはアスナと千雨というツンデレキャラが2人もいます。(エヴァは血液型がわからない。今度当てはめ記事作ってみよう)
そこでこれまでのB型の性質から見て、なぜツンデレになってしまうのか予想してみました。

まずは千雨から。

tiu04.jpg

tiu03.jpg

この2つのコマに全てが隠されていると思います。
千雨は今まで他人と大して接触しなかったためか、自分がお人好しであることを自覚していないのではないでしょうか。
そのため、つい手助けしてしまう自分にジレンマを感じている場面が多々見られます。
今後千雨は自分の面倒見のよさに気付き、そしてそれを認める機会は訪れるのでしょうか。
もし自覚しそれを認めるようになったとしたら、、おそらく物語の後半あたりで
「ライバルであるはずの悟空と協力し、いつしか打ち解け、悟空の代わりに孫の修行の面倒まで見るようになったピッコロさん」のようなキャラになっているのではないでしょうか。

次にアスナです。

asuna08.jpg

asuna03.jpg

素直じゃない言い方や態度は同じくツンデレの千雨と似つかわしいものがありますが、アスナは協力すること、世話を焼くことに対しては否定していません。

じゃあアスナは一体何を自覚していないのか、、

asuna05.jpg

やっぱりそういうことになるのかねぇ。これものちのち記事にしようかな?

まとめ:書きながらも自分ですら意外なほどB型の性質と魅力を見出す事が出来ました。
これからまたB型キャラに対する新しい見方になれば幸いです。

今後の読み方のススメ:桜子、ザジ、ハカセあたりが今後メインパーティに加わることがあれば、持ち前の優しさと行動力でネギ達を助けることになるでしょう。
そうでなくとも、スポットライトが当たればそのキャラの魅力は明らかになる事と思います。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

133時間目感想&分析考察
はい。何が何でも元気な小見雲です。
雑記+14巻の裏表紙にやたらと注目した感想&考察」のパルの利き腕の記事が思った以上に反響が大きいです。いやー、結論のまとまってない記事をここまで取り扱って頂くのは大変申し訳ない気分です^^;
ではいつものように逆紹介させていただきます。
紹介してほしいサイトさんにもけっこう紹介してもらえてるなぁ、、全くもって光栄です。

(以下五十音順)

ゲ~ムやマンガのきゃらと~くさん 
当ブログ初となるトラックバックを送っていただきました。大変光栄です。こちらからもトラックバックをお送りしました。

ネギのスさん
たびたびお世話になってます。

ネギま!とか漫画とかゲームとか。さん
ご紹介いただきありがとうございます。

ネギま部屋(楊さんのページ別館)さん
楊さんは右利きを推されていますね、、
ペンを持つだけなら利き手でなくとも私にだって出来ますとも!

猫とネギま!と声優さんさん
今後、パルが絵を描いているシーンがあればいいのですけれども。

バーチャルネット図書委員のどか15歳さん
なんとあのニュースが4つという少ない枠の中で紹介していただくことが出来ました!
ネギは左手で筆を使っていたり、いろいろとややこしいようですものね。

ほにゃらば!さん:小見雲のネギま!応援団っ。さんに便乗してみる
まさか自分の記事から発展した記事を書いていただくとは、、感謝です。
このザジのコマは私にはとても見つけられそうにありません^^;さすがです。

やくろあんてなさん
しまった!元ネタがわからない^^; ともかく能力の時に使う腕は利き腕として有力な証拠になるはずですね。

ろーふりっぱさん
やっぱりペンを持っているだけでは利き手に証明に足らないようですね。


そんなこんなで始まる133時間目感想。
トピックは、
双子の役目といいんちょの考え、刹那の挙動
超とネギ、対面
2度目の火星人発言
戒めの風矢の限界
加勢登場、、とその前にツッコミ
です。

双子の役目といいんちょの考え、刹那の挙動

hutago05.jpg

双子、一瞬誤植かと思った。
ややこしいのでセリフをクロスさせないで下さい

017.jpg

先週の感想で刹那は何か知っている!と予想したのですが、ただ単に魔法先生・生徒の会議に参加してただけのよう。まだ微妙にあやしい感じもあるけど、、


intyo04.jpg

ここでいいんちょがクラスをまとめる委員長として双子に指示。普段はヘタレでも、クラスメイトのトラブルとあっては黙っておけないという仲間想いな一面が見えました。

ここで双子は重要な役割を果たすのではないでしょうか。何となく中夜祭を知らせに来ただけじゃないよな、、
これでいいんちょの指示をするだけの役割だったら、いよいよパシリじゃないかw
頑張れ双子!

しかし、いいんちょは何をするのでしょうか。おそらく「さよならパーティ」的な事をするのではないでしょうか。
3-Aの生徒から1人欠けるという事は考えにくいですが、それはあくまで読者側の希望的観測や編集側の都合であって、作中のキャラクターの行動にまで及ぶ事ではありません。
超の事情も知らずに、引き止めるというのは想像しにくいです。
あるいは全員で理由を聞き、その上で打開策はないか説得するという考えも出ましたが、いいんちょの発言から中夜祭に絡んでいると思われるので、やはり前者が有力であると考えます。

超とネギ、対面

018.jpg

そしてネギは超と対面。
この緊迫した雰囲気、誠心誠意の説得、揺るがない意思の下による問い掛け、、、RPGのようなボス戦を彷彿とさせるやりとりがなかなかいい雰囲気出てます。

tyao05.jpg

このセリフなんて、ボスそのものです。とても15歳の少女が言っているとは^^;(笑
超はこれまでの人生でよほど壮絶な育ち方をしたのではないかという背景がうかがえます。

015.jpg

そして戦闘開始。超の戦闘レベルが始めて明らかになりました。
古菲とは違った流派での拳法を繰り出し、ネギを苦戦させます。
PS2の2時間目の修行でパコパコ殴られてたキャラだとは思えない

2度目の火星人発言

014.jpg

そして、2度目の火星人発言。

1回目は刹那に対して発したものであり、ネギにとっては初耳です。
これは何を意味するのでしょうか? 個人的な意見としては、超は相手が違うにしろ同じ冗談を2度も言うような性格ではないと考えます。
これ以上の深読みは、、、やめておこうw

戒めの風矢の限界


013.jpg

そして戒めの風矢で超を捕らえます。

012.jpg

が、何故かかわされてしまいます。

過去にも、ネギはエヴァやフェイトに対して戒めの風矢を使っています。

fate2.jpgeva02.jpg

が、同じく失敗に終わります。


fate1.jpg  eva01.jpg

この戒めの風矢をネギはかなり頼れる技として使っていますが、捕縛効果はあるがある程度の強者は効き目が出ず、場合により効果がないというポケモンでいうとモンスターボールくらいの威力しかないのではないでしょうか。(何とも、かませ扱いな魔法である)


加勢登場、、とその前にツッコミ
そこへネコ耳刹那(+カモ君)とタヌキコスの楓が加勢に現れます。

・・一見とてもカッコいいシーンなのですが2、3個気になる点があるんですよね、、
ひとつひとつ片付けていきましょう。

二人の姿
まず刹那はネコ耳です。どうも、超の前では可愛い格好になってしまうようで。
そして楓のタヌキオプション。鼻まで付いているほどの手の込みようです。
もしかしたら、タヌキ→変身→楓ついに変化の術を習得??
だったらいいな。
これから戦って、服が汚れたり傷が付いたりするかもしれない状態でタヌ耳、タヌ鼻でいいのでしょうか。
これがバトルの燃えとキャラの萌えを融合させた赤松の答えだというのか、、、

刹那の剣の件
これはすでにあちこちで取り上げられていますが、

setuna03.jpg

とありますが、

010.jpg

剣持ってない。

これは、、、刹那の正義感や志を「剣」と称して言ったのではないかと。いやいやマジですよ?

だって、ネコ耳つけてる上に「私の剣が黙っていない」と言いながらも剣持ってないなんていうおっちょこちょいのドジっ娘だとしたら、
そんな刹那なんて・・・・可愛いやん

011.jpg

ところでこの衝撃の正体は一体何なのでしょう。
位置からして、二人の体術による着地の衝撃かと思われます。
・・・最初この衝撃は夕凪を投げた事によるもので、だから素手なのだ。という仮説を持ってこようとしたのですが、剣士が剣投げるわけないし位置的にもおかしい、という事で自己完結しました。ありがとうございました。

とりあえず、刹那の剣の件については

setuna02.jpg

剣はなくとも、ということで。
[READ MORE...]

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

ひたすら雑記
はい。ものっそい元気な小見雲です。
またまた引き続き、「ネギまにおける血液型別観察報告:O型編」の記事を紹介していただきました。
今日も逆紹介させていただきます。
まずは実は初めましてなニュースサイト、ご案内しま~すさん。


それからかーずSPさん


えっ?


カトゆー家断絶さん

ちょちょ、何かもうえらい事になってきてもうはうあ(鮮血
もうネギまとか関係なしに超大手さんではないですか!!
ためしに、ヒット数を見てみる、、

うわああ! すいませんでしたホントにもー。

遠投したら宇宙まで飛んでいったかのような気分だ、、

と! これで多くの方に記事を見てもらえることが出来た!
ヒット数は鬼のように伸びるけど(あくまで当社比)、ヒット数はあくまで閲覧数であって人気じゃないし。これで次の大記事を見てもらえるかどうかが正念場だ、、

次の記事は骨組みは出来たんで、明日を感想はさんでから洗練させて、その翌日かその次あたりには発表できるかな?出来るといいな。って感じです。

雑記+14巻の裏表紙にやたらと注目した感想&考察
はい。相変わらず元気な小見雲です。
今日4月17日は椎名の日、というわけで今日は桜子について特集。しませんけどね。


ちまちまとアクセス解析を見ていたら、昨日に引き続き「ネギまにおける血液型別観察報告:O型編」の記事を紹介されているサイトさんがありましたので紹介します。
またしても大手のブログ、やくろあんてなさん。
そして、やくろあんてなさん経由でネギま!で遊ぶさんにも紹介していただきました。

ちょっと、ちょっとちょっと! ネギま!で遊ぶさんと言ったらネギまサイトの最高峰ではないですか!
まだ本格始動して1週間も経ってないというのに、、、
いやはや恐縮極まりない。次の記事もしっかりまとめなくては。


話は変わりまして、ネギまの14巻を買ってきました。
14巻の表紙メイン生徒は和泉亜子、裏表紙は早乙女ハルナです。

ん、裏表紙がパル・・?

裏表紙くぎみんじゃないの??
(小見雲、くぎみん一推し。基本事項。スクラン風。)

どうやらライブ編で釘ビンタ釘パンチ釘投げネクタイやら釘バットやらの大活躍を見せたくぎみんが裏表紙だろう!と思い込んでいたようです。

冷静に考えてみたら、パルは14巻目にしてようやく行動理念に至るまで深く描かれるという機会を与えられたスポットライトの当たった生徒なんですよね。

でもここでくぎみんが裏表紙に来なかったら、いったいいつ日の目を見る事か!
ん、てことは逆に言えばまだまだこれ以上に活躍する可能性があるって事?
これから活躍しそうな場面と言ったら、、

kugi001.jpg

やっぱりこれか、、知ってた、、知ってたけど再認識、、
フラグも立っちゃいないが座るくらいにはなっているだろう、、

まーでもいいんですよ。これでこのまま進んだとしたら、のちのち柿崎や桜子にからかわれたりして照れるくぎみんが見れるんですから。ああもうくぎみんったら顔真っ赤にしてもホラ泣かないのまったくもうアハハハハ、、
asuna01.jpg


・パルの利き腕
pal04.jpg
パルの載っている裏表紙を見ると、ペンを左手で持っています。

pal03.jpg
そして中表紙でのパルも、ペンは左手で持っています。
なにぶん自分も左利きなもので、同じ左利きとして親近感が湧きます。
しかし、作中の表紙では

pal01.jpg
ペンは右手です。

さらに、作中で

pal02.jpg
しっかり右手でメモを取っていました。
・・・

あ、字を書くのが右手で絵を描くのが左手なんですよきっと!


ごめん、ギブ。


じゃあ、おそらくこの裏表紙はパルが鏡を見ながら書いた自画像に違いないんですよ!
多忙の赤松氏に代わって裏表紙を仕上げるとは、パルもなかなか健気ですなぁ、、、



ごめん、やっぱギブ。



結局何利きなんだろ? 


*追記
何で両利きっていう発想が出てこなかったんだろうな、、

それに、ペンを持つだけなら利き手じゃなくても出来るっていう発想も出てきませんでした、、

現在のところ、早乙女ハルナは「両利きの疑いがある右利き」というあたりで落ち着こうかと思います。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

感謝×3
はい。とっても元気な小見雲です。
先日書いた「ネギまにおける血液型別観察報告:O型編」の記事ですが、思わぬ展開です。本格的に恐れ多いです。

じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり~
ネギのス
猫とネギま!と声優さん
(敬称略、五十音順)

の3サイトさんに記事を紹介してもらう事が出来ました。どこも有名サイトさんじゃないか!
本当にありがとうございます!もうそんな、こんな生まれたてのピヨっ子ブログなのにそんなもう。
おかげでヒット数もにえくり返ってます。(当社比)

これはもうさらに頑張るしか。ブログの寿命、なんて記事もありました。
まだまだウチは生後間もない状態。これからどんどん成長していきますよー。

それと、『麻帆良学園中等部3-A 1学期始業式』のハガキ、落選しました。
関東は当選率が高いってデータを知ったのも後の祭り。あーもうせっかくだから行きたかったな。残念。

ネギまにおける血液型別観察報告:O型編
はい。今日も今日とて元気な小見雲です。
今回は考察記事、ということでやってきましたがえらい時間かかった(汗

これは今後手際よくやっていかないと死ねるな、、

それはさておき、今回の考察内容を発表しちゃいます。


その名も「ネギまにおける血液型別観察報告」!

3-Aの生徒にはそれぞれしっかりと血液型が決まってますね。
それを各血液型ごとに分け、それぞれの共通点や方向性なんぞを調べていこう、というものです。

まず、血液型と聞いて拒否反応を起こした方は「まえがき~血液型診断がキライなあなたへ~」を参照して頂きたい。
また特定のキャラに対して確固たるイメージを持ってやまないという方で、キャラのイメージを変えられる事を好まない方は見ないほうがいいんじゃないでしょうか(笑)

あ、まえがきは説明書の役割も果たしているので一応目を通していただくと下記の記事に対する概念がわかりやすいかと思います。

んなわけで改めてまえがき

願わくば以上をふまえたうえでどーぞ。

第1回「O型特集」
・O型について
それではさっそくO型の共通点について考察してみます。
ひとまずはO型の生徒一覧をご覧あれ。

i_kazumi.gif  i_kakizaki.gif  i_makie.gif  i_ciao.gif  
   朝倉 和美        柿崎 美砂       佐々木 まき絵       超 鈴音  

i_kaede2.gif  i_nodoka.gif  i_ayaka.gif
    長瀬 楓        宮崎 のどか      雪広 あやか

画像:天下の見習い雑兵さんによる雑兵の修行場から引用

どうでしょうか。なかなか個性的なメンツになりました。(まーほとんどの生徒は個性的だけど)
全体的に行動力のある人や人の扱いが上手い人が多いように見えます。
想像してみて下さい。もしこのメンバーが初めから3-A(2-A)にいなかったら

・ネギ君を取り巻く女生徒が極端に減る。
・証拠写真がほとんどなくなる。
・魔法使いの存在がバラされなくなる。

などといった物語中のトラブルはほとんど起こらなくなるという事に。ネギ君もかなり平和です。
単なるバトル中心のストーリーマンガになってしまいます。ジャンプです

なぜこんなにもO型にトラブルが関係しているのでしょうか?
個人的な見解と共に共通点を挙げていきたいと思います。

共通点その1:目的主義
O型の生徒は何かしらの目的があり、それに向かって日々行動を起こしているという共通点が見られます。
ざっと挙げてみると、

目的が比較的ハッキリしている生徒

asakura06.jpg
朝倉 和美 → スクープ

makie05.jpg
佐々木 まき絵 → 新体操、ネギ君

tyao02.jpg
超 鈴音 → 魔法使いの存在を公表(さらに目的があるらしいが)

nodoka01.jpg
宮崎 のどか → ネギ先生


あまり目的がハッキリしていない(描かれていない)生徒
柿崎 美砂 → 学生生活を謳歌、応援あたりだろうか
長瀬 楓 → 忍者の修行?(それ自体が目的ではないのかもしれないし)
雪広 あやか → ※ここの項目は後日ピックアップ


何事もその「目的」の優先順位は高く、何かしらのトラブルが起きる原因はその目的を脅かすものへの対処であったり、目的に対する行動の副産物であるケースが多々見られます。

よってネギまの世界ではO型の利害関係から起こる行動により、物語が展開していくという傾向があると言えます
キャラごとの目的意識の強さは変わりますが、、


共通点その2:口が悪い?
3―Aの中での毒舌キャラといえば誰でしょうか。エヴァや千雨、夕映あたりですかね。
しかし調べてみると口の悪いキャラは意外とO型に多いことが判明しました。
しかもO型の共通点として、ハッキリと相手に伝えていて、それでいてさりげない皮肉が多いということです。
では、画像を添えながら見ていってみましょう。

初級編:明らかに皮肉
まずは怒っている時や言い争いなどなどの中での明らかな皮肉、からかい、注意の場面です。

intyo01.jpg
いいんちょのアスナに対する注意。

007.jpg
いいんちょのアスナに対する陰口。(聞えてるけど)

intyo02.jpg
いいんちょの小太郎に対する罵倒。

いいんちょは普段のヘタレっぷりとは違い、悪口や罵倒を言う時はやたら口が回るキャラとして描かれています。
こういった所から必要以上に「イジワルなキャラ」というイメージが付いてしまっているのかも知れません。

makie03.jpg
まき絵激怒シーン。言葉以上に気迫がすごいです。

nodoka03.jpg
錯乱状態ののどかの一言。普段言わないような言葉ですが、錯乱状態に陥って逆に本音が出たのかもわかりません。

asakura02.jpg
朝倉の皮肉。深い意味はなさそうですが朝倉ってこういうキャラだよね。

asakura05.jpg
朝倉のからかい。朝倉らしい発言です。

009.jpg
柿崎の露骨な一言。これだけ発言権のあるメンバーにも関わらず、柿崎が斬る事にあまり違和感がありません。
やはりこういった発言が適役だからでしょうか。

tyao03.jpg
超の皮肉まじりのからかい。こういった振る舞いが本来の超の性格なのでは?


中級編:間接的に皮肉
続いて、上記ほどの露骨さではないものの、よく聞くと「ん?」となるような場面です。

makie01.jpg
「子供のくせにしょーがないなー」
照れ隠しでしょうが、普段の溺愛っぷりとは異なる発言です。

asakura04.jpg
「ちょっと顔色悪いカンジだけど‥」
朝倉の発言は意外と深い意味のないものが多いです。

misa02.jpg
「はいはい食べなさいどんどん太りなさい」
4巻、チア編より柿崎の発言。(このコマだけじゃわかりにくいかw)
ぎりぎりで皮肉ではないジョーク。全体的にこういうさりげなくやり込めるような言い回しをする傾向も見られます。

*上級編:まさにさりげない皮肉
そして、一回流し読みしただけでは気が付かないようなさりげない皮肉を集めてみました。

asakura01.jpg
「つーかどこにかくれてんの エロいねアンタ」
この発言のすごい所は、この発言のみをなくしても全く支障がないことです。
まさにさりげない

asakura03.jpg
「おっさん達にはバレてるぜー ゆえっちー」
文字が小さいのは声の小ささを表現したものだと思われますが、まずおっさん呼ばわりしているという事。それから盗み聞きしている夕映をバッサリと注意しつつなおかつさりげない。
O型のコミュニケーション能力のテクニカルな一面です。

makie04.jpg
「ネギ君 汗くさーv」
このセリフに気が付いていない人もいるのではないでしょうか。
その他のまき絵の表情、発言とは一切関係ないさりげない違和感。

結論:O型は相手をいなしたり、からかったり皮肉を言ったりと会話術が得意である。
今後O型キャラがキレる時は、きっととんでもないことになるはず?。


共通点その3:O型はエロい?
さらに調べていくと、もっと大きな共通点が見つかりました。

intyo03.jpg
・雪広あやか

008.jpg
柿崎「ネギ君と猥談したかったんだけど・・・」
まき絵「ネギ君と一緒の布団で寝たかったのにー」

asakura07.jpg
・朝倉和美

misa01.jpg
・柿崎美砂

nodoka02.jpg
・宮崎のどか

kaede01.jpg
・長瀬楓

makie02.jpg
・佐々木まき絵

共通してかなりオープンな性格であることが判明(笑)

超以外全員何かしらのオープンな描写があるという結果に。超は出番の関係でそういった描写がないのか、それともネギと血縁?なためか特にそれらしい描写はありませんでした。
単体での逆セクハラ描写はほとんどO型でした。すげぇな。


今後の見方のススメ
以上のことから各O型キャラの「目的優先」の意識に注目して読んでみるのはどうでしょうか。
予想のヒントになりうるかもしれませんし、キャラの行動への理解度も上がって共感しやすくなるかもしれません。

いかがでしたでしょうか。こんな感じでやっていきます(笑)
何があるかわかりませんが、何かあったらこの記事は修正、削除するおそれがあります。
何か知らんがビビっております。^^;何かに。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

はじめに~血液型診断がキライなあなたへ~
血液型への偏見
ネギま界での血液型とは
傾向は絶対ではなく

血液型への偏見
血液型と聞いて、「人の性格を勝手に4つに分けて決め付けてんじゃねーよ!」と嫌悪感を抱いた方もおられる事でしょう。
しかし私の記事の概念は各血液型ごとの共通点を探し、行動パターンなどから傾向を探ることでキャラの新しい見方が出来るようになればいーなーというものです。
決め付けで語らず、画像を証拠として引用しつつ出来る限り立証していきますので血液型というだけで毛嫌いせずにご覧頂けたらと思います。

ネギま界での血液型とは
ネギまキャラの誕生日と血液型は動物占いとガンダム占いをもとに決められているらしいです。
それらをもとに多少のキャラの性格付けが行われているとは思いますが、本記事では血液型のみにスポットを当てていくので、動物占い、ガンダム占いとは違った側面が見えると思います。
よって一般的な血液型診断と言うよりは、赤松氏が表現する各血液型のイメージに注目していくことになるかと思います。

傾向は絶対ではなく
心理学でも始めに言われることですが、あくまで傾向ですので必ずしもその法則に当てはまるという事はありません。
まぁこんな弱小ブログの一管理人の言う事を信用する人はそうそういないと思いますが^^;
これからやる事に対してわざわざ予防線を引くような発言ですが、くだけて言ってしまえばこじつけなので。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

ありがとうございます
はい。それなりに元気な小見雲です。
昨日書いた132時間目感想ですが、なななんと早くもネギのスさんに紹介されました!!
いやもうほんとそんなんじゃないんですって本当にもう。いやすいません。
そして感想リンクでおなじみのhakuro.info blogさんにも取り上げていただくことが出来ました。マジ感謝です。
いつも見てたページの中に自分のブログがあるって妙な気分だなぁ、、

うかつに感想なんか書くもんじゃないっすね(笑)
にしてもおかげでヒット数も予想以上の伸びとなり、期せずして順調なスタートを切れました。
思ったより展開が速いなぁ、、

そんなわけでせっかく来てもらった方のハートとかもろもろをがっちりキャッチするために、またいろいろな考察記事とか書いていきたいですよ。

明日あたりには第一弾、発表できるかな?と思います。

132時間目感想(初)
今日も元気な小見雲です。さっそくネギま132時間目の感想に入りたいと思います。
感想だって。ファンブログっぽい。わー。

・・・にしても初めて感想を書くにしてはずいぶん難易度の高い話だなー、これ。
超の話も本編に大きく関わってくるような展開で、私みたいな若輩者が見当外れの予想なんかしたところで、一を聞いて十を知るかのような考察力の大手ブログさんには到底叶わないわけで。したとして最低限の考察かな、、

3―A生徒もいつもにも増して多くの登場。タカミチやアルとの会話も含め、かなり目まぐるしい展開に感じました。

なので、各キャラの仕草やリアクションを中心とした感想を述べるというコアな方針でいこうかと思います。

感想系
正直超は読めない
鳴滝姉妹の損な役回りについて
ハカセの巻き返し炸裂
ネギ君いい子やなー

やや考察込み
正直超は読めない2
古菲は何故口が軽いのか
刹那は何をしようとしているのか?
超の携帯とネギ君の携帯メモリーについて
ネギ、いいんちょの今後の予定

正直超は読めない
今回は今まであまり描かれなかった超の様々な面が描かれた回でもありました。
独り言、仲のよい古との会話、所属同好会の仲間との会話、そして「味方」でもあるハカセ、茶々丸との会話。
私は超が相当な策士であると踏んでいるので、どうにもこうにも全部ウソ(上辺)なんじゃないか?と疑ってしまいます。
現段階では3-Aの中では最も謎めいたキャラという立ち位置にいるためか、行動理念は描かれているものの深い内面描写はあまりありませんでした。
なので今回の反応全般に対して判断が付きません。ホントあやしいキャラだなー。

鳴滝姉妹の損な役回りについて
鳴滝姉妹が野点以来久々の登場。だよな、多分。
今回の鳴滝姉妹の役目は「中夜祭があることを知らせる事」。
しかししんみりした場面をブチ壊すが如くテンションの温度差を露呈。

hutago04.jpg

そんな鳴滝姉妹をネギ他の生徒達はやんわり無視しつつ話を進める。

hutago01.jpg

hutago03.jpg

hutago02.jpg

終始頭の上に?マークを浮かべるほどのハブられっぷり。うう、不憫やなぁ、、
これでさんぽ部のイベントが何事もなく流されるがまま過ぎていったら、本当にもうどないしたらええねん。ってなぐらい。


ハカセの巻き返し炸裂
hakase03.jpg

クラスメイト編では単なるマッドサイエンティストとして描かれていたハカセ。

hakase01.jpg

今回は超との別れを考えて涙するという人情味あふれる場面が。

hakase02.jpg

さらに、泣いてる事を突っ込まれて否定するあたりがなかなかカワイイ。

ハカセは何気ない喋り方とかが可愛らしいところがあるので、ラブコメパートでその特性がいかんなく発揮されれば、きっとかなりの人気が出るはずやで。


ネギ君いい子やなー
アスナがフラれたことに対し、どうにか出来る事はないかと行動を起こそうとするネギ君。
こういう思いやりのあるところはネギ君のいい所なのですが、さすがに10歳なので色恋沙汰はよくわからない様子。
今回のやり取りで「3-Aの生徒がやけにつれないなぁ」と思ったか「ネギ君もまだまだ子供だなぁ」と思ったかであなたの恋愛経験人間関係の成熟度が明らかに。なるかどうかは知らんけど。


正直超は読めない2
今回の話のメインでもある、超の今後の行動などをうっすらと考察してみようかと思います。
*超は世界樹の22年周期の魔力を利用して、学祭3日目に故郷に帰る
*3日目にしっかり「目的」を果たすらしい
散々既出な項目のみですが、確証が取れたので。
※「超は未来人である」という予想は各所大手ブログさんの所で書かれていますが私のほうではこれと言った予想も出来ないので「故郷」とだけ記します。


古菲は何故口が軽いのか
しかしくーふぇは純情でかわいいなー。

それはさておき、

ku04.jpg

古菲はまたしても口を滑らせて秘密をバラしてしまいます。

ku03.jpg
以前の失態

どちらも光の速さでバレてます。どうやら古菲は隠し事の出来ない性格のようで。
ただ前回は口を滑らせてから気づきますが、今回は隠そうとしていて全く隠しきれていないという違いがあります。(すぐさまバレてるのに変わりはないが)超の退学の件がよほどショックだったのでしょう。
ともかく、
ku01.jpg

「古はバカだが素直で一途」

このコマに全てが集約されていました。

*オマケ
ku02.jpg
くーふぇの元気のない様子を見て、これを連想しました。

love01.jpg
前歯が抜けて元気のないスゥ(ラブひな)です。

酷似。


刹那は何をしようとしているのか?
古菲から超の件を聞いてから、刹那の様子がおかしかったように見えます。
退学について聞いた一同が驚くコマがありますが、ここには刹那だけ描かれていません
002.jpg

「明日学園祭が終わったら学園を発つ」という急な知らせを聞いて一同が驚いているコマでも

001.jpg

楓ですら驚きのマークがついているのに、刹那にはついていません

setuna01.jpg

そして超が退学するということにショックを受けているネギに対し「あの…実はネギ先生・・・」と何かを言いかけようとしています。

004.jpg

そして電話が終わってどこかへ去るネギと共に、刹那がグループから外れる描写があります。

この様子から、刹那は何かを知っているのではないでしょうか
いや、もしもう描かれていることをさも謎のように扱ってたら恥ずかしいなこれ。
何を言いかけたんでしょうか。
もしや、何か超の計画についてネギに報告しようとしていたのか。
あるいは「ネギ坊主は血の繋がった大切な人」発言について聞こうとしていた、とか。
これは場の雰囲気からしてあまりなさそうですが、刹那が超に関することで知っている事はこれくらいなので。


超の携帯とネギ君の携帯メモリーについて
tyao01.jpg

今回、超の携帯の画面が描かれている場面がありました。
ネギ君の待ち受け画像が修学旅行の写真であったりと、携帯からもいろんな情報が多く含まれているので、考察するにはもってこいです(笑)

とりあえず超の携帯でのネギの登録名は「ネギ坊主」。
それからメールが来た時間は8時半。
文面からして、ネギはあまりメールをやり慣れてないように見えます。

そして一番重要なのは「超とネギは互いのアドレスを知っている」ということです。
ネギ君は生徒想いだし、知っていてもおかしくはないのでは?とも思いますが、
ここで気になるのが亜子です。

ako01.jpg


006.jpg


亜子は以前の(つっても同日か)ライブでネギ扮するナギに「メールアドレス教えてください」と投げかけた所、「ハイ、後で送ります」と返事が来るというやりとりをしています。

何が言いたいかと言いますと、「超がアドレス知ってるんだから亜子も知ってるだろう」という確証のない読みから始まる推測なのですが、もしかしたらネギ君が自分のアドレスをナギとして教えるのではないでしょうか。
ネギ君は天才少年として魔法学校でも優秀な成績を修めていますが、
005.jpg

にもあるように時々とんでもないうっかりミスをします。
ましてや色恋沙汰のわからない10歳ですから、やらかす可能性は高いです。

これでもしネギ君が「携帯を2つ所持」などという女たらしなマネをしたら、個人的にはすごく引くところです(笑)10歳でそれはないよなぁ~

実は後で教えるとか言ってそのまま流れるというグダグダなパターンだったりして。

ネギ、いいんちょの今後の予定
ネギが超にメールを送ったのが8時半。
そして超との待ち合わせは11時。
それから3-Aの中夜祭が12時です。
ネギが中夜祭不参加ということは考えにくいので、この11時から12時の間に何らかの決着がつくものと思われます。さすがにこの短時間でカシオペア使用はないよなぁ。
個人的にはてっきり修学旅行ばりの派手な盛り上がり(バトルじゃないにしろ)になると思っていたのでこの短時間で一体何をするのかが気になります。
おそらく話し合い? 何かしらの情報交換はするでしょうし。

003.jpg

いいんちょはどうやらアスナ探しに時間を割いたものの、晩餐会には参加するようです。
(てっきりドタキャンしたのかと思った)
その後、中夜祭に参加のようで。

長くなりました。感想書くのってやっぱ大変やなぁ。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

本格始動:ネギま!トラバ!春の甲子園
はい。今日も元気な小見雲です。ようやく本格始動になるかと思います。

このブログは週刊少年マガジンで連載中の魔法先生ネギま!を考察、応援していくというものです。
その他にも余裕があったら興味のあるものも取り上げていきたい、、予定。

そしてちょいと挨拶代わりといっちゃ何ですが今巷で話題の「ネギま!トラバ!春の甲子園」に参加してみたいと思います。まだ記事も書きなれてないのにそんな大それた事を
それではいってみよ。

1位釘宮円
2位椎名桜子
3位桜咲刹那
4位近衛木乃香
5位明石裕奈

特にこれと言って珍しいランキングにはなりませんでした、ハイ。
ややコア系と王道系の混ざったような感じでしょうか。
一人ずつ思いのたけを語っていきます。

1位:釘宮円
とりあえずキャラに順位をつける時、時期ごとにランキングが変われど、くぎみー1位はガチ。
常識人なのにいじられ系のキャラな所が好きです。
ライブ編ではチア内の絡みがあまり見られなかったのが残念。

2位:椎名桜子
何故にこの娘はこんなに人気がないのか。
それはまだスポットライトが当たらずキャラが掘り下げられていない所にあると思っています。
クラスメイト編で取り上げられたらそりゃもう上位に食い込みますよ。途端に。だといいな。

3位:桜咲刹那
マジメで優しい、いい娘です。
修学旅行編から読み直すと、キャラの変わりようが味わい深い。

4位:近衛木乃香
図書館探検での衣装が可愛い。そこがきっかけではなかろうか。

5位:明石裕奈
何か知らないけどやたら印象が良い。いるだけで好感が持てるキャラ。

加えて、今後の方針みたいなものをちょこっと。
とりあえず考察記事を書いていって、方向性を探りつつ文章力鍛えつつしながら
ゆくゆくは有名なブログの管理人さんとも交流を深めていけたらなーと思ってます。
まだまだ稚拙な文章なのでその道のりは相当遠いですが。

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

練習ですからね
昨日は試運転できるかのように言いましたが、まだ試してないタグがありました。

記事内のリンク、です。
前々からやり方が気になってました。(気になっただけ








Q:世の中金である

×













○を選んだ方:まー気持ちはわからんでもないですよ。












×を選んだ方:そーとも限らないですよ。




なるほどなるほど。

練習なんで気にしないで下さい。

明日こそ試運転。

まだ文章書きなれないッス
間が空いてしまった。

今日はさっそく記事の構想にいそしんでました。
やっぱり文章を書くのはまだ難しくて慣れない、
日本語を正しく使いつつ、味のある文章にする、、難しい!

てきとーでキャラのある文章を書くのは苦手ではないけど、
考察記事でてきとーもアレかなぁ、なんて。

とにかく難しい!
しばらくは精進あるのみだな、、
それまではここを見てくれてる人にはお見苦しいところをお見せするかもしれません。
いたらだけどね。

ひとまず、、明日あたりには「ファンブログ」であることがわかるくらいにはしたいなと思います。

こんな状態でブログできんのかなー
まだまだ使いこなせてないことは多い。

例えば文字サイズ。





なんだってー



とかね。

だらけ

とか。



20060407204118.jpg



20060407204118.jpg



20060407204118.jpg



20060407204118.jpg






まだ練習
トラックバックも何となく理解、画像のスキャンもできそう。

画像の大きさって、、どう変えるんだろ。

どうでしょ

potion(l<


どうだか

失敗。

こうなってくると、タグ的なところが弱いのも痛いなぁ・・・
こんな弱小ブログでごめんなさいね。(頭とか

練習
・トラックバックの練習

恥ずかしながら、まだトラックバックがどういうものかよく理解してなかったんですよね。

なので練習。

練習

正直よくわからないので
しばし、試行錯誤したりして様子を見ます。

まだ使い慣れないし、要領も得てないので。

それまで何を書こう?w

とりあえずこのブログ、本格始動したらそれっぽい趣味全開で
マニアックな考察記事とか書いてみたいと思ってまっす。



こんな感じか。potion(l




プロフィール

小見雲(おみうん)

Author:小見雲(おみうん)
冬コミサークル「omi-flo」
banar.jpg
サークル情報その1
サークル情報その2


何はなくともガン見。
ガン見してこそ物事の本質が見えてくる。
100人のチラ見より1人のガン見。
アクセス数を気にしつつも、本質を見失わないようにガン見してもらえるような記事を書こうと頑張っております。

こんなキャラでいきます。
そんなわけで、コメント、トラックバック、リンク大歓迎ですよー。
またいろんなサイトの管理人さんとも絡みたいと思ってます。
(でもなかなか声をかけられずにいる、、)

そしてゆくゆくは称号を得られるようになりたいと思いますw

このブログについての説明

あとweb拍手設置。(骨)



















最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。