background-color : #fff;
小見雲のネギま!応援団っ。
ザッツマイペース 何もかもどうぞお気になさらずに。中途半端にリンク調整中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<あの娘とこのこの裏事情?>
はい。パサパサに元気な小見雲です。
30000ヒットも迎えたのでちょいと久々に考察をば。


<あの娘とこのこの裏事情?>

ネギまをふと読み返していると、タイトルの通りとある二人が接点がある割に全くと言っていいほど接触をしていないという事に気が付きました。


以前武道四天王同士でありながらも、刹那と古菲には接触してないという考察を書きましたが、今回はそれ以上になると思います。

 


それは、この二人です。



i_kazumi.gif i_konoka.gif
    朝倉和美      近衛木乃香

二人は魔法バレを通してネギと関わる機会が多くなり、同じ場面にいる事も増えてきました。
まず、この二人の接触情報についていろいろ。

・二人の同時登場コマ数(八丁さんリスペクト)
ほにゃらば!さんにて、一緒に登場したクラスメートという、この考察において重要となる資料がありますので、そちらを参考にさせていただきます。
和美と一緒に登場したクラスメートという項目において、朝倉とこのかの共演コマ数を調べてみると、

5位:99回 近衛木乃香

単にクラスの中に紛れて偶然枠内に収まっただけでは成し得ないほど距離が近く同時に登場しているコンビであることが判明しました。

にもかかわらず、

赤松健作品総合研究所さんの魔法先生ネギま!研究所内での「魔法先生ネギま!」のクラスメイト最新呼称を参照すると、

互いにどういう呼び方をしているのかについて、

このか→朝倉:「  」
朝倉→このか:「  」



と、呼称の欄が互いにぽっかりと空いています。
そう、実はこの二人は作中で互いの名前を呼んだ事が一度もないのです。

朝倉がこのかを呼んでもおかしくない機会が2回ほどありました。修学旅行編でこのかの実家に訪れた時です。

asakono-01.jpg

asakono-02.jpg

しかし、2回ともこのかの名前を呼んでいたのはなぜかパルでした。


さらにこの二人の接触のなさを掘り下げていきます。

この二人が長く一緒にいた場面は次の3つです。

・このかの実家にて(修学旅行編)
・エヴァの別荘にて(8巻)
・水牢にて(ヘルマン編)

それぞれ、この二人の最も仲のよさそうなコマを選んでみました。


・このかの実家にて(修学旅行編)

asakono-03.jpg

からかう。

実はこのコマは数少ない「このかが朝倉のほうを向いている」という貴重なコマなのです。


探してみましたが、片手で余裕で収まる数です。


・エヴァの別荘にて(8巻)

asakono-04.jpg

隣に並ぶ。


・水牢にて(ヘルマン編)

この場面は密室に閉じ込められるというたいへん接触のしやすい状況です。
その場所で二人はというと、

asakono-05.jpg

これはたいへん貴重です。隣で手を重ねて一緒に魔法を唱えています。(ただし複数)

さらにこのコマ。

asakono-06.jpg

今までの二人の中ではもっとも距離の近いコマです。

しかし朝倉はカモと話しているし、このかはせっちゃんの事しか頭にない状態です。

まとめると、

物理的最大接触:手を触った。あと数回隣り合った事がある。
精神的最大接触:会話のキャッチボールは一切なし。朝倉がパルと共にこのかをからかった程度。

と、このようにこの二人の接触がいかに少ないかはわかってもらえたかと思います。
しかも、朝倉からこのかの話題を2回したのに対しこのかは徹底したかのように朝倉に対する接触をしていません。

そこで、ひとつの仮説をムリヤリ強行突破させてみようかと思います。



「発想を逆転させるんだ、、

なぜ接触しないのかじゃなくて、

どうすれば接触できるかを考えるんだ、、、」





仮説:朝倉は実は極めて存在感の強い霊体である。

そして、このかはすさまじく霊感が弱い。





「一度言ってしまったものはしょうがない。

何とかして繋ぎながら真実を導き出すんだ!」





人当たりがよくおおらかな性格のこのかの事ですから、意味もなく避けたり無視したりすることはないと思います。つまり朝倉のことが物理的に視認出来ていないんです。

このコマをご覧下さい。

asakono-07.jpg

このかがお盆にお茶をのせてみんなに出しているシーンです。このコマだけだとわかりにくいと思いますが、

asakono-08.jpg

このコマも合わせて見るとわかりますが、お盆に乗っているお茶は3つ です。
自分の分は後で出すとして、渡す相手はパル、のどか、夕映、朝倉の4人です。

この部屋の中でお茶を入れられるとしたら、わざわざパルの後ろからお茶を出すことなく、ちょうど誰もいない所から3人に渡せばいいんです。
別の部屋からお茶を持ってきたとしても、普通は戸を開けてから全員にお茶を渡すとしたら近い相手から渡しますよね?
しかも、この部屋の戸を見てください。閉まっています。
戸を閉めるのは、お茶を配ってからでもいいと思います。誰かに閉めてもらったり、お茶を置いてから閉めた様子もありませんしね。

朝倉はすでにお茶をもらったのでは?という可能性もありますが、ノートパソコンの位置から、近くに机があることは確かです。しかしそこにお茶はありません。
ポテチらしきものをくわえていますが、右手でキーボードを打ちながら食べるわけがないのでポテチは左側、この位置から見えないということはおそらく下に置いてあるのでしょう。ポテチならともかくお茶を下に置く人はそうそういません。

つまり、この場面は誰にもお茶を渡していない状態なんです。

これはこのかは朝倉が見えないために図書館組のお茶しか用意できなかった、となるわけです。

asakono-03.jpg

このコマも数少ない「このかが朝倉のほうを向いている」という貴重なコマと言いましたが、よく見たらこのかの目線の先にいるのはパルなようにも見えます。
朝倉ではなくパルを見ていたということになります。

さらに、霊体といえばさよがいますね。

asakono-09.jpg

朝倉にだけさよが視認できるのは、とりつかれたのでも席が隣だっただけでもなく同じ霊体であるからなのです。


さよは極めて存在感の弱い霊体ですから、このかがさよを認識できてしまっていたらこの主張にはスジが通らないことになります。
検証してみましょう。

asakono-10.jpg

幽霊の存在を認めていますが、ただ単に出回っている情報を信じているだけで実際にさよの姿を直接認識したわけではありません。
このコマをのぞくとそれらしきコマはないことから、当然このかがさよを認識した事はないと言えます。


そして、最後に。ある問題が生じます。
それは、

(このかには見えて)いない人の名前が出たり、話しかけている人を見てきて疑問に思わなかったのだろうか?ということです

それは当然の疑問です。普通の人ではありえない対応ですから。
しかし、世の中にはいろんな人がいるものです。このコマをご覧下さい。

asakono-11.jpg

手を繋いで一緒に呪文を唱えた時も「何や手が多いな」と思ったくらいで、深くは気にしていないに違いないのです。

おおらかではんなりなこのかにとって、周りのみんながいると言えばいるわけで、それを疑問に思う事は野暮になるわけです。

、、これが、真実です。



END





ここから楽屋裏:
はんなりまったりのスローマイペースこのかと、好奇心満載のジャーナリスト朝倉という存在はテンポ自体が違うのでしょうかね。

お茶の件も、

asakono-12.jpg

よく考えたらこの女が普通のお茶なんて飲むわけありませんでした。

スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
ぐるぐる矢印
ちょwww途中から明らかに矢印の向きが明後日の方向に行っていないですか!?それは、発想の転換というのでは無く『コペルニクス的転回』と言いますw
朝倉幽霊説……にわかには信じがたいことですが、世の中いろいろな漫画があるものです。もしかしたらそういうこともあるのかもしれませんねw
【2006/07/25 17:47】 URL | カラス #bv0.wE12 [ 編集]


おおっ、リスペクトありがとうございます!
呼んだ回数が少ないではなく全く無いというのは以意外でした。もしかしたら他にもこういうパターンの二人がいるかもしれませんね。
しかし、まさか幽霊だったとは・・・・・・(^^;)
【2006/07/25 20:41】 URL | 八丁 #- [ 編集]

なるほどぅ!
 ちょ(笑)。
 何この逆転なるほど調査班(汗)。しかもシッカリ霊媒ちっくな方向に話が進んでいる(汗)。

 面白い上に興味深かったですよー。小見雲さんの考察はいつも楽しいのに要点もキッチリ押さえているので読みごたえがあります。
 朝倉姐さんの、いつもいるようでいてどこにもいないような微にして妙な存在感。ここに極まれりですね。

 ネギまゲーム(PS2)の1時間目攻略本で感じた違和感が、おかげさまですっかり解消されました。
 この本。各キャラ紹介の欄に『仲のイイお友達』というメモがくっついているんですが……朝倉・美空・千雨・ザジ・さよ のところだけ『特に無し』扱い。
 このゲームが出た時点では、さよと美空は全くの謎存在で出番が意図的に少なくされ、千雨とザジはそういう属性。
 なので朝倉姐さんだけ目立ってました。もちろん悪い意味で。友達少ない性格なのかリアルで……と嘆いていたのですが、そうか、幽霊なら仕方ない……(汗)。
 幽霊だからですね。決して、決して友達過小な性格をしているわけではなく! これが開眼……人が宗教に入るのは、きっとこういう時(え)。
 これからも信奉……もとい応援しております~。
 
【2006/07/26 00:37】 URL | 大戸島35 #mvcB0rpk [ 編集]


>カラスさん
どーも。コペルニクス的転回ですか、、
そういった難しい単語はウィルさんのほうへ、、(笑
で済ませるのもアレなので(笑)調べてみましたが、
改めてコペルニクスってかなりの大逆転な発想をした人なんですねw
なるほど、こりゃ無茶だ。(というかコペルニクス的転回ってそんなに難しい言葉じゃない気がしてきたw;)

>八丁さん
どうも。これも八丁さんの地道な努力の賜物ですよー。
確かに、この距離感で呼び合いゼロっていうのはなかなかないなと思いましたよ。
朝倉はこのかの事を「このか」と呼ぶであろうと思いますが、逆はなかなか想像つきませんね。
だいたいの生徒が「朝倉」と呼びますが、このかは人に対してあまり苗字で、それも呼び捨てで呼ぶことはめったにないですし。
「和美」「朝倉ちゃん」あたりかなと予想してみます。

>大戸島35さん
どーもです。
逆裁ネタにふれてくれたのはあなたが初めてですw
しかも霊媒チックに進んでいる、、これは言われてから気付きましたw(

朝倉の交友関係、確かにこれは妙でしたねー。
友達はいないけど、いい人だよ!みたいな絶妙にセンチメンタルなフォローをされてたような気がします。

応援とお褒めの言葉、ありがとうございます^^。これからもその応援を糧に頑張りますよー。


あ、あと誰か一人くらい「異議あり!」って申し立てる人はいませんかw
【2006/07/26 09:57】 URL | 小見雲 #- [ 編集]


認めん、朝倉が幽霊なんて認めん、俺は認めないぞ。(ぁ
【2006/07/28 14:23】 URL |     #- [ 編集]


もうここまでくるとすごいですね
朝倉=幽霊はちょっと言い過ぎじゃないかとせめて存在感が薄すぎるとかにしときましょうよ  リンクさせて頂きました 
【2006/07/28 21:44】 URL | 夕凪 #- [ 編集]


>名無しさん
どーも。さては過激派の方ですか!?
(どう考えても私のほうが過激派)

>夕凪さん
どーもです。
ちょ、存在感は薄かないですよ!
と、すでに充分に言い過ぎた私が言ってみます。

リンクはこちらからもさせていただきますね。よろしくです。
【2006/07/28 22:47】 URL | 小見雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aboab.blog61.fc2.com/tb.php/66-4da30133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネギま関連サイト巡回(07/25)

■「小見雲のネギま!応援団っ。」さん「<あの娘とこのこの裏事情?>」これ、面白い・・・<あの娘とこのこの裏事情?>・・で・・・ふと思った・・うちの人物相関図は???ネギま人物相関図第50版(143時間 ネギま部屋(楊さんのページ別館)【2006/07/25 21:14】

楓の ネギま!ニュース 「2006年7月25日」

・ネギま! ニュース●身長ジェットコースター [よなかのとり]「ネギ君の身長を追う」第3弾です。●あの娘とこのこの裏事情? [小見雲のネギま!応援団っ。]そういえばそうだ。●魔法先生ネギま!2006年上半期三大ニュース [Vv,Sm]感想、考察ブログ増加は凄いです 楓の箱リロLive対戦日記 あれ?購入日記かも【2006/07/25 23:39】

7/25 更新

今天的寫作者為"他不是猴子 他是賽亞人啊~~~"的Nikando...赤松作品相關情報1. 2007年涅吉月?訂購開始 NikandoのACG日誌【2006/07/26 01:58】

プロフィール

小見雲(おみうん)

Author:小見雲(おみうん)
冬コミサークル「omi-flo」
banar.jpg
サークル情報その1
サークル情報その2


何はなくともガン見。
ガン見してこそ物事の本質が見えてくる。
100人のチラ見より1人のガン見。
アクセス数を気にしつつも、本質を見失わないようにガン見してもらえるような記事を書こうと頑張っております。

こんなキャラでいきます。
そんなわけで、コメント、トラックバック、リンク大歓迎ですよー。
またいろんなサイトの管理人さんとも絡みたいと思ってます。
(でもなかなか声をかけられずにいる、、)

そしてゆくゆくは称号を得られるようになりたいと思いますw

このブログについての説明

あとweb拍手設置。(骨)



















最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。