background-color : #fff;
小見雲のネギま!応援団っ。
ザッツマイペース 何もかもどうぞお気になさらずに。中途半端にリンク調整中。
04 | 2017/03 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて
このブログも開設してから数ヶ月が経ち、ようやく落ち着いてきたかなー。
なので、今一度このブログの方向性を示す「このブログについて」という説明をしようかと思います。

・このブログの目的
・このブログのターゲット
・このブログの手段
・「証拠」と画像の使用について
・考察記事について
・ネタ記事について
・ネギま本編についての認識と嗜好
・リンクについて
・交流について
・更新頻度について
・ブログ名、HNの由来
・管理人について




・このブログの目的

当ブログの目的は、「ネギまファンにとって原作が出るまでの暇つぶし」
です。

マガジン(またはコミックス)を読み終わったけど、何だか物足りない。
そういう時、見てもらえるような位置づけを目指しています。


・このブログのターゲット

言うまでもなく、ネギまファンです。
クラスの半数の生徒の見分けが付くくらいであれば楽しめるようにはなっていると思います。
また、ネギまが好きであればあるほど、楽しめるはずです。
というところを目指しています。


・このブログの手段

どうすれば暇つぶしが出来るようなブログになるか。
原則として「とにかく読みやすく!」「証拠による新たな側面の立証」がモットーです。

せっかく思い付いたネタが見づらくては元も子もないですし。
画像の大きさ、文字の太さ、大きさ、色などを変えて工夫しています。特に行間はテンポを左右するので重要視しています。

そして「読みやすく」の意味として、当ブログを開設するにあたって当時のネギまサイト及びブログのあらゆるフォーマットを参考にしています。
具体的には画像を使った記事や、「考察」という位置付けの研究記事や、書き方、雰囲気、テンション、その他もろもろです。
これは、先人の方の模倣と見られる可能性も含んでおり、実際に影響を受けているという点は否定できませんが、「読みやすく」というモットーに則り、読者の方にとって見慣れたスタイルであることは読みやすく親しみやすくなると考えた結果、このような形になりました。


・「証拠」と画像の使用について

また「証拠」についてですが、これはコマという媒体を通してネギま内における発言や仕草、
性格や考えを表わしているなによりの「証拠」という意味合いで使用している言葉です。
これは、集めることによって傾向や共通点を見出すために必要なことと考えています。

ブログを開設するにあたって、どういう手法でやれば自分の考えが記事としての体裁を保ち、他の人に見てもらえることが出来るか?
それを考えた時、私は理論立てて考えを説明するほど文章力もなければ説得力もないと考えました。

そこで、
・ネギまの物語の中から記事に関連する「証拠」を並べ、法則や傾向を解説するという手法で説得力を補う。

・考察記事に馴染みのないライトなファンでも視覚的に訴えかけ、読みやすく記事の内容を理解してもらえる。

といった点から、画像の使用は当ブログの2つのモットーから見た上で適切であると判断しました。

といっても、さすがに疑問に思ったので調べましたよ。
著作権について。

ざっと見たところ、「あんまりよくない」
といった感じでした。

かなりラフプレーなようですが、運営方針に従うため泣く泣く使用しているようなものです。
個人的には見やすくて好きですが。


・考察記事について
※今のところ「考察」という呼び方が主流なので、当ブログも考察という呼び方をしています。
運営方針に「真実を徹底して正しく伝える事」や「記事の文学的なレベルの高さの追求」と言ったテーマはないためです。

上の項目で説明したように、基本的には画像を用いて作成されています。

考察記事のモットーは、「タイトルに負けない事」「絶対にオチをつける事」です。
タイトルに負けないというのは、そもそもの今のネギまニュースサイトの現状を語ることから始まります。
ブックマークやRSSを用いない限り、書いた考察記事を見てもらえる機会の多くは「ニュースサイトさんによる紹介」です。
多くのニュースサイトさんの紹介の基本の形というのは、記事タイトルとブログ名を載せ、その下に一言コメントを書くというもの、です。
コメントの多くは、その記事に関する感想というのが王道というように見受けました。

このスタイルだと、もっとも重要視されるのはタイトルです。
いかにしてタイトルで惹きつけられるか、というわけです。
しかし、逆を言えばタイトルさえよければいい、という意味でもあります。
それはこのアクセス至上主義の世界において、勝ちであるのかもしれませんが、、

ともあれ、実際そういった記事はいくつか目にした事があります。
「○○について考えてみた」と言ったタイトルの記事を見てみれば、
実際に情報を並べて、感想が書いてあるだけで、本当に考えただけだったりします。

しかし、そういった記事をとやかく言うためにこの説明をしているのではありません。
各自が趣味の一環としてやっている上、ニュースサイトに取り上げられた記事にイチャモンをつけてもしょうがないですし。

そういう理由で私は、上記の「タイトルに負けない事」「絶対にオチをつける事」というモットーを掲げたのです。
安定してタイトルに負けないオチのついた記事を書いていれば、ブログ名の表記だけで見てくれる常連の方も増えるのではないかと。

しかし、ニュースサイトにおいて「子ニュース」「孫ニュース」と呼ばれるものがあるらしく、
ニュースサイトですでに紹介された記事を紹介する場合、ブログ名の欄はそのニュースサイトが表記されるらしいのです。

仕方ないので、なるべく特徴のついたタイトルの付け方をするようにしています、、


・ネタ記事について

当ブログでネタ記事と呼ばれるものは、主に<ショートショート:>と銘打っているコラージュ漫画です。
ネギまのコマを切り抜き、並べるだけで全く異なった意味合いを持つ展開になるというものです。
ネギまを読みつくし、それぞれのコマを熟知し、焼きついた固定観念が打ち崩れる感覚が楽しいはず。
なるべく素材をそのままで、並べ方のみで構成されたネタを美徳としています。
基本的には「冗談」ですので、軽く笑い飛ばすくらいの読み方が適切だと思います。
あまり激しいものは注意として促していますが、、
タイトルとして<ショートショート:>と表記しているので、好きな人も、受け付けない人も丁度良い目印になっているのではないかと思います。


・管理人のネギまについての嗜好

ネギまに数多くある魅力の中で、私が最も魅力を感じているのは
「個性的なキャラがいろんなリアクションをすること」です。
特に、キャラ同士の掛け合いや絡み方。
そして、ラブコメ至上主義です。

なので、バトル展開や成長物語にはあまり注目していない節があります。

好きキャラは
くぎみー(当確)。
それから桜子、パル、ゆーな、刹那(次点)。
ほか、ラブコメパートで注目されているキャラはタイムリーに影響されます。


・リンクについて

基本的にリンクフリーなのはもとより、
リンクしてくれているのを見かければリンクしかえそうとします。
リンク依頼も、普通に頼んでくれればするはずです。

しかし、リンクとお気に入りは別なので、しっかり目を通すかというと、断言は出来ません。
リンクは、「私のブログをリンクしてくれたせめてものお礼に、私からあなたへのブログへの架け橋になってくれれば幸いです。」
という意味合いでやっております。

と言ってもリンク後は当然拝見しますし、ちょくちょくは巡回していますが、いかんせん数が多いので^^;


・交流について

嫌いではありません。というかむしろしたいです。
やや引っ込み思案な姿勢ですが、一度仲良くなるとアグレッシブにイジったりすることもあります。


・更新頻度について

気長に見てー。


・ブログ名、HNの由来

ブログ名は、ネギまブログである事が一発でわかるように。
応援団は、チア好きの意味合いと、私自身も応援している意味を込めて。

ブログ名にHNが入っているのは、せっかくだからHNも覚えてもらえるように。
私自身、ブログ名とHNが一致するようになるにはけっこう時間がかかったので、
親しみやすく、ブログ名とHNを一致して覚えられるようにするため。

HNはよそでのHNを変化させたもの。
読みにくくってごめんなさい。


・管理人について

ネタや考察記事が、私自身の性格の色によって記事自体の雰囲気を損なうといけないので、
なるべく私に関する情報は書かないようにしています。
私の人格を通してお送りするブログではないので、特に素性は書いていません。


現在、こんなところ。
また何かあったら柔軟に加筆修正します。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ここまで考えてらっしゃったのですねー、と目からウロコどころかヒレまで出てきます。
…自分の言動に深い意味などありませんのであしからず。
見習わせていただきたいと思います。押忍。
【2006/08/22 12:38】 URL | ナスび #BWDnc17Q [ 編集]


>ナスびさん
どーもですー。でもまぁ、ずいぶん大層な演説をしてしまいましたが、その目標に向かって進んでいるかどうかはまた別なわけで、、
なので、それまで温かく見守ってやってくださいなw;
【2006/08/23 08:01】 URL | 小見雲 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aboab.blog61.fc2.com/tb.php/73-7b05b2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

認知せずリンチされピンチ

とりあえず、テケトーに書いた題名でリンクされてると我ながらアブないサイトにしか見えない。三日ぶりです皆さま。いや、うん、三週間よりはマシでしょ?むしろ休んでた方がいいってか。同感です。 炭火焼ネギま串いっちょ!【2006/08/22 14:27】

プロフィール

小見雲(おみうん)

Author:小見雲(おみうん)
冬コミサークル「omi-flo」
banar.jpg
サークル情報その1
サークル情報その2


何はなくともガン見。
ガン見してこそ物事の本質が見えてくる。
100人のチラ見より1人のガン見。
アクセス数を気にしつつも、本質を見失わないようにガン見してもらえるような記事を書こうと頑張っております。

こんなキャラでいきます。
そんなわけで、コメント、トラックバック、リンク大歓迎ですよー。
またいろんなサイトの管理人さんとも絡みたいと思ってます。
(でもなかなか声をかけられずにいる、、)

そしてゆくゆくは称号を得られるようになりたいと思いますw

このブログについての説明

あとweb拍手設置。(骨)



















最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。