background-color : #fff;
小見雲のネギま!応援団っ。
ザッツマイペース 何もかもどうぞお気になさらずに。中途半端にリンク調整中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギま!海理論
みなさんは海に来たら、何をしますか?

というか、海に来たら、何ができますか?




ネギまブログで賞賛に値する記事とはいかなるものか。

それは半年前に私がブログを始めた前と後でも変わらず、「考察」記事が主流です。

それも、大概がネギまの枠を越えた結論を導き出しています。

確かにネギまという一つの作品を用いて、理論を展開するのは大変ですし、とても技術がいる事です。


しかし、それを書く側も見る側も、ブログを運営する側も、数多ある記事のひとつにすぎません。


ネギまブログは未だ数が増え続けているにも関わらず、

考察がすごいものであり考察をよしとする「考察至上主義」の風潮が流れているように思います。

作品の深読みだって、激萌えシチュエーションの解説だって、色は違えど気持ちのこもった文章なのにです。


もちろん考察を否定はしませんし、単純に理論の展開に引き込まれ、その結論に深く関心したりもします。



ここで冒頭の投げかけに戻ってくるわけです。


ネギまは非常に要素の多い作品です。

あざといまでに個性を貫いたキャラ達や、あちこちに張り巡らされた伏線、
魔法関係、舞台にもモデルがあるくらいですし、服装も凝っています。


それに、ネギま関係の記事を書くと言ってもジャンルはさまざまです。


考察、絵、マンガに研究や、キャラを応援したり、解析したり、キャラを使ってネタをしたり、

キャラとおそろいのドリンクを飲んでみたり、登場数やセリフ数を数えたり、

グッズを集めてレビューしたり、フィギュアを作ったり、それらをまとめてニュースにしたり、、


おかげで、今日もネギまネット界はにぎわっています。


この要素の広さが、まるで「海」のように思えるわけです。


砂の城を作ったり、バレーをしたり、遠泳したり、深くまで潜ってみたり、

波打ちぎわでパチャパチャしてみたり、ナンパしたり、焼きそば食べたり、

釣りしたり、水質調べてみたり、ジェットスキーに乗ったり、友達埋めてみたり、、


と、場所は同じでもすることはさまざまなベクトルで存在していて、挙げて行けばキリがありません。


こうして「海」に例えたのは、要素の多さだけではありません。


海では、「こうするべきだ」「こうあるべきだ」という概念がないんですよね。


少年の浮き輪を取り上げて、「本気で泳げ!」なんて言う指導員もいませんし、

ナンパしてる男を捕まえて、「海をナメるな!」なんて言う漁師さんもいません。



何より一番の例えたい共通点は、


そこに来ている人の大多数は「楽しむために来ている」ということです。



だから、人間の限界ギリギリまで潜る人を賞賛する人の群れを見ても、つられて潜ったりはせずに単純に「すげーなー」と関心してたいですし、

ナンパに成功した若者をチラ見しても、「楽しそうだな」と純粋に観察してたいのです。(ホントはちょっとくやしいけど)


することはさまざまでも、すごい事はすごいし、マネする必要も、またマネしない必要もないと思います。

何より、
自分のやりたいように楽しんで運営したいし、してほしいですし、生み出されたその結晶を純粋に評価していたい
ということです。
スポンサーサイト

テーマ:魔法先生ネギま! - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

激しく同意です。

僕もブログにある記事をアップする勇気がわいてきました。

ありがとうございます。
【2006/11/24 18:43】 URL | 横川 #- [ 編集]


そうですね~。

多角的な楽しみ方ができる「魔法先生ネギま!」だからこそ、
いろんな人が、それぞれの方法で作品を楽しめる『ネギま!ネット界隈』であるといいですね。
【2006/11/24 18:50】 URL | まるちく #g/Nkskjg [ 編集]


「海」とはまた上手い比喩だなあ。

ネギま!は色々な楽しみ方の出来る作品で、ネットでは皆が各々の方法で
ネギま!を楽しみつくそうとしているのが良いですね。賑やかで楽しい(^^)

書き手も読み手も自由に楽しめる。
正しく「海」と言うに相応しいですね。いやあ、小見雲さんお見事っ。

>「考察至上主義」の風潮

うーん、至上主義というより「考察を求めている人」が多いんですよね。
読み手・書き手どちらにおいても。
だから、より多くの人に評価されやすく、考察が「至上」っぽく見えてしまうってだけな気がします。

何より、考察だからって何でも賞賛されているわけじゃないですからね。
賞賛されているのは一部の素晴らしい記事のみです。
その点は他のどの表現方法(絵・ネタ記事など)でも同じ事ですし、個人的には考察だけが特別って訳ではないと思いますよ。
【2006/11/24 23:43】 URL | テイル #0BLFb4Xs [ 編集]


たしかに・・・素晴らしい理論です
かぶりますが、海という表現がスゴイ
コレしかかけないけどスゴイと思いました
【2006/11/25 22:33】 URL | えぬ。 #Ft6N4gRI [ 編集]


実に最もです

そもそもブログは自分の書きたいこと(マナーをわきまえた範囲で)を書くものですよね!

ありがとうございました!また一つ何かを学んだ気がしました!
【2006/11/26 17:07】 URL | reigan #- [ 編集]


私、雨さんと申す者です。
相互リンクをお願い出来ますでしょうか?
http://www.geocities.jp/keigoman2006/index.htmlです。
HP名は凡人たる我々のネギーま!であります。
もしよかったらメール等で連絡ください。
【2006/11/28 23:14】 URL | 雨さん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aboab.blog61.fc2.com/tb.php/99-50740574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

楓の ネギま!ニュース 「2006年11月24日」

・ネギま! ニュース●ネギま!?公式サイト ネオ・パクティオーカードページ更新 [ネギま!?]ついにネギPon!?に付属のカードが発表!やっぱりあのキャラのアーマーかー 予約しておいて良かったぁキングレコード H 楓の箱リロLive対戦日記【2006/11/24 20:30】

11/24更新 目前最貴的新契約卡終於公開啦~~~

今天這個可真是讓人驚訝哩~~~沒想到居然是她... 這下可是超大怨念...赤松作品相關情報1. 涅吉星小孩官網更新終 NikandoのACG日誌【2006/11/25 01:34】

プロフィール

小見雲(おみうん)

Author:小見雲(おみうん)
冬コミサークル「omi-flo」
banar.jpg
サークル情報その1
サークル情報その2


何はなくともガン見。
ガン見してこそ物事の本質が見えてくる。
100人のチラ見より1人のガン見。
アクセス数を気にしつつも、本質を見失わないようにガン見してもらえるような記事を書こうと頑張っております。

こんなキャラでいきます。
そんなわけで、コメント、トラックバック、リンク大歓迎ですよー。
またいろんなサイトの管理人さんとも絡みたいと思ってます。
(でもなかなか声をかけられずにいる、、)

そしてゆくゆくは称号を得られるようになりたいと思いますw

このブログについての説明

あとweb拍手設置。(骨)



















最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。